高齢者の筋力アップと安全歩行

高齢者の方々が抱えているお悩みとして、日常生活のなかでの転倒や歩行への不安は、杖や歩行器がないと歩くことがままならないなどといった「不良姿勢」などの原因がその1つの要素として考えられます。

若い頃には感じていなかった筋力の衰えが、いつしか「不良姿勢」を招くことから歩行困難へとつながっていくようです。

皆さんは、老後に備えた筋力のケアを考えてみたことはございますか。定期的に整体やマッサージに通うことを習慣化しているから大丈夫という方にも、是非ともご自身の年齢とともに変化する筋力の状態をセルフチェックしていただきたいと考えております。

老化のサインは足腰からくるなどとも言われますが、皆さんの身体を支える「筋力」が低下することは、「歩行」への不安定さをもたらす1つの要因となってくるのです。

「不良姿勢」は、年齢からくる老化現象なのだから、筋力が衰えて姿勢が悪くなることは仕方がないなどと考えている方に、きちんとしたケアを行うことで年齢を重ねたのちにも筋力アップは計れることを知っていただきたいと考えております。

                               

健康LifeへのOneStep!>>>Top