年齢を重ねる歩行のお悩み

年齢を重ねるごとに歩行に自信がなくたったと言う皆さんの多くが、年齢とともに何かにつまずきやすくなったりすることから街中での歩行に不安が生じるなどとも話されております。

高齢者が移動の際に、歩行の補助として杖や手押し車、または車椅子などを必要とするのは、歩く際に体を支えるサポートが必要とされるからです。

杖などを必要としない世代の皆さんは、いったいどのように通勤や通学などの際に街中をを歩いていらっしゃるでしょうか。杖や手押し車がなくともいとも簡単に歩くことができるのは歩行のための筋力が備わっているからなのだそうです。

街中を歩くお年寄りが歩行の際に、杖などの補助を必要としているのは、筋力が衰えはじめているからと捉えられるようなのです。高齢者であっても登山などを趣味とする方々の多くが、年齢を重ねてもハイキングなどの山登りが可能となるのは、その筋力の衰えを常日頃からキープしているからかもしれません。

日頃の体のケアとして日常的な生活習慣の中で、軽い運動を取り入れてみたり、筋力トレーニングを行ったり、体のメンテナンスとして整体やマッサージなどに通いながら筋力アップを目指してみることで、年齢を重ねるなかでの歩行へのお悩みを解消できるかもしれません。

                               

健康LifeへのOneStep!>>>Top